インフルエンザに感染してしまうと、とても辛い症状を伴います。インフルエンザが流行する前に予防薬を用いることで感染を防ぐことができます。ご存じない方がほとんどですが、治療薬のタミフルで予防することも可能です。

三重県が掲げるインフルエンザ新型等行動計画の概要

三重県ではインフルエンザに関して新型等行動計画を策定しており、そこでは、行動計画の位置付け、対象となる新型インフルエンザ等感染症及び新感染症、基本的な戦略、被害想定、行動計画における発生段階、対、策ポイント、対策目的、各段階での対応や対策について、方向性を示しています。まず、位置付けでは、作成の根拠や実施をする措置、計画を作るにあたっての基準となる時効を示しており、大まかな内容としては各項目において記載がなされています。三重県では、対象とするインフルエンザを、新型、再興型、新感染症とに分けており、基本的な戦略においては、対策有、無に分けて時間軸と医療提供のキャパシティを用いてグラフにて説明を行なっています。
新型等行動計画では、三重県における被害想定等を明示しており、その内容は医療機関を受診する患者数においては約19万1千人~36万8千人、入院患者数に関しては約7,800人~2万9千人、死亡に至っては約2.500人~9,400人としています。ここでは一般会社員等の欠勤数値も示されており、それは最大約40%と見積もっています。インフルエンザが発症をした場合には、対策ポイントで示されており、ここでは、未発生時、海外発生と県内未発生、国内と県内の発生早期、国内と県内の感染期、そして小康期へと、流れに沿ってポイントが定められており、例えば、発生早期においては医療の提供と地域封じ込め対策、感染期においては拡大の防止や医療提供の維持、そして県民の生活や経済の安定の確保という内容となっています。
新型等行動計画では発生段階での対策の目的も定められ、インフルエンザの各段階おける対応が行なわれています。特jに対策の内容に関しては、発生段階ごとに基本的な内容に沿って方向性が掲げられており、県民に対しての安全と安心への保障が約束された計画書となっています。