インフルエンザに感染してしまうと、とても辛い症状を伴います。インフルエンザが流行する前に予防薬を用いることで感染を防ぐことができます。ご存じない方がほとんどですが、治療薬のタミフルで予防することも可能です。

インフルエンザは人感染するので新生児に注意

インフルエンザという病気は、人感染する病気です。なのでインフルエンザが流行する時期になると、毎年多くの人感染した人達が病気になって、会社を休んだりしているのです。ところで健康な大人がインフルエンザに人感染してかかってしまうのはまだマシなのですが、もしも新生児がかかってしまったら非常に厄介なことになります。新生児というのは産まれて本当に間もない赤ちゃんのことを言います。そのような新生児が通常風邪やインフルエンザ等の病気にかかってしまうことはあまりないものです。何故ならば新生児の時期というのは、とにかく親が大切に大切に赤ちゃんと過ごすようにしているからです。しかし例えば親が感染してしまった等の理由によって、新生児がインフルエンザにかかってしまうこともあるものです。その場合はとにかく早く治してあげるようにしてあげなければいけません。
新生児のお世話というのは、本当に大変なものです。とにかく一日中泣いていて抱っこする必要があります。それから授乳も頻繁に行わなければいけません。更に昼夜の区別がまだはっきりとついていませんので、夜更かしをすることもあります。なのでお世話をする親は、とにかく睡眠不足でふらふらになってしまうものです。もしも新生児がインフルエンザにかかってしまった場合、それにプラスして治療等の為にも時間をとられてしまうようになります。もうそうなってきてしまったら、親一人だけで対応しきれるような状態ではなくなってしまうのです。場合によっては祖父母や家政婦等、色々な人の協力を得なければいけなくなってしまうでしょう。なので新生児がインフルエンザにかかってしまわないように、注意して過ごしましょう。