インフルエンザに感染してしまうと、とても辛い症状を伴います。インフルエンザが流行する前に予防薬を用いることで感染を防ぐことができます。ご存じない方がほとんどですが、治療薬のタミフルで予防することも可能です。

インフルエンザと飴と空気乾燥器について

インフルエンザ対策にもなる飴も登場していますから、冬のウイルス対策に取り入れてみるのもよいでしょう。人間は元気な状態ばかりではなく、疲れたり緊張したり、免疫力が落ちてしまう時もあります。冬の日は外に出きる時に、マスクをしていても、空気感染などで、うれしくなはいウイルスをもらってしまったりもします。うがい薬を使ってうがいしても、消毒できるのは本の表面だけです。のどの粘膜までの道のりとしては、食堂までの距離は30cmと長いのです。

インフルエンザ対策にもなるのど飴は、直接粘膜にマスクをするイメージといった、ユニークな提案です。医薬品を服用するときには、注意事項がいろいろあります。眠気が襲ってきたりするので、車の運転もできません。大切な日にも、お薬で眠くなっては台無しです。それにウイルス感染のためといっても、妊婦さんとか、赤ちゃんへの授乳中のママは、医薬品は控えないとならないです。そんな人にも、のど飴であれば、そんな心配もなく口にすることができます。

インフルエンザにかかってしまったら、峠を越すまで待つしかありません。ですが、それ以前に、ちゃんとインフルエンザを予防することができれば、おおごとにはなりません。そこで粘膜をグイグイと攻撃して、ウイルスが侵入してくるのを、最初にブロックしてしまえばいいのです。外敵から大切な喉を守るのが、インフルエンザもブロックする、のど飴なのです。飴と一緒に、空気乾燥器も取り入れてみるとよいでしょう。

空気をクリーンにすることは、とても重要なポイントです。インフルエンザの予防として、室内で過ごすならば、空気乾燥器は使ったほうが良い、ものです。寒くなる季節は、窓を開けての空気の入れ替えもおろそかになりがちです。乾燥したままの空気は、ウイルスも元気に活動しやすくなるので、空気乾燥器で、室内空間の、クリーン化を目指すといいでしょう。