インフルエンザに感染してしまうと、とても辛い症状を伴います。インフルエンザが流行する前に予防薬を用いることで感染を防ぐことができます。ご存じない方がほとんどですが、治療薬のタミフルで予防することも可能です。

インフルエンザと空気浄化装置と空気乾燥器について

インフルエンザの感染方法には、空気感染もあります。 飛沫で水分のない状態の細かい粒子が、空間に長いあいだ浮遊している状態です。すでにインフルエンザに感染している人と、同一の空間に健康な人がいれば、その人はウイルスを吸収しますから、空気感染によって症状を発症します。空気感染は別名、飛沫核感染とも言われています。狭い空間や密接した部屋の中などには、比較的長い時間、粒子が浮遊していることがります。気温が低くて、乾燥した状態ともなると、存在するウイルスはその分眺めに感染症を維持することにもなります。こういった条件が揃ってしまうと、感染症は発症しやすくなります。

そこで家庭内や、室内でのインフルエンザ対策として、空気浄化装置や、空気乾燥器が役に立つこととなります。空気浄化装置を設置することによって、汁内空間の空気を、浄化することが可能です。クリーンな空気は、インフルエンザ対策としても基本です。窓を開けて換気をするのも良いですし、窓を閉めているあいだは、空気浄化装置を稼働させて、室内の空気を清潔な状態に維持することも大切です。特に冬場は外の空気が冷たいため、長い時間換気と言って、窓を開けておくわけにはいきません。ですから、朝や夕方には窓を開けた換気をして、窓を閉めておく間は、空気浄化装置で室内を良い空気の状態にすることが必要になります。

インフルエンザ対策として、室内環境に取り入れたい空気乾燥器は、一般的な家電製品として販売されています。空気乾燥器はサイズが大きいものもありますが、割とコンパクトなタイプもあります。大きければ強力かというと、そうとも限りません。近年においては空気乾燥器も性能が高くなっており、コンパクトでもかなり高性能な商品も販売されています。